Announcing the Release of AgilePoint NX 7.0. Our Biggest Release Ever. Learn More

Resources Whitepaper

ホワイトペーパーデジタルの嵐を切り抜ける
デジタルトランスフォーメーションへの道

混乱を引き起こすテクノロジーが同時に複数存在していると、デジタルの嵐が吹き荒れ、組織の混沌が生じます。レガシーの現代化、クラウドサービスの採用、あふれるようにたくさんある新しいテクノロジー、全てが一斉に求められるとき、デジタルの嵐がITの形勢を絶えず一転させる中で、どのように効果的に転換を図ればよいのでしょうか?

大部分の組織にとって、デジタルトランスフォーメーションとは、より多くのソフトウェアの開発を意味します。以下がその例です。

  • 部門横断的なコラボを実現するバックオフィスアプリケーション(十数から数百個)
  • 顧客にあらゆる接点・局面で対応し、バックオフィスシステムともシームレスに対話するアプリケーション(数百から数千個)
  • 運営の効率化、ガバナンスの強化、およびカスタマーエクスペリエンスの画一化を図る自動プロセス(数千個)

上記のような新しいソフトウェアを開発する際に課題となるのは、ソフトウェアが、新しいイノベーションや変化が生じるごとに一々再設計する必要があるような、レガシー負債にならないようにすることです。シンプルに言うと、デジタルトランスフォーメーション成功のためには、ソフトウェアがデジタルの嵐に影響を受けないようにする必要があるのです。つまり将来性が求められるのです。